匿名_R32 のブログ

何かを伝える為ではなく、自分用のチラシの裏・備忘録として。

THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!

ミリオン3rd、とも呼ばれている今回のライブツアーの一部公演に行く事ができたので、覚えている限りの顛末をチラ裏としてここに残しておく。
今回行く事ができた公演は以下の通り。

  • 名古屋公演
    • 現地。
  • 大阪公演1日目
    • 地元*1でのライブビューイング。
  • 幕張公演1日目
  • 幕張公演2日目
    • 現地。

上に記述がない公演は全て不参加。今回も知人等の連番で連れてって貰う形となり、現地チケット自力入手とはならなかった。千秋楽は地元のライブビューイングまで落選。どうやら愛知県の映画館と併願したPが存在したらしく、愛知の会場を当てて未決済*2とした為か、後の一般販売では購入可能*3になっていた。
名古屋公演は6日前になって突如現地参加できる事に。この公演のライブ初登場組では桐谷蝶々さんに期待していたのだが、稲川英里さんのパフォーマンスにそれ以上のインパクトを受けた。終始ステージ上で大神環が重なって見えるように感じていた。セトリではいつかはライブでと思っていた、エスケープ・水中キャンディ*4を聴く事ができた。また、自分にとってはSSA以来となった流星群に再び強い衝撃を受けてきた。2ndに比べるとサイリウムをグルグル振り回したりする者も少なく、概ね楽む事ができた公演ではあったが、チケット争奪の激しさを考えると箱のチョイスが小さ過ぎたのではと個人的には思った。とは言うものの、もうちょっとだけ大きい規模の箱、というのが名古屋近辺では難しいのかもしれない。
大阪公演初日*5は地元でライブビューイング。声優系のイベントでこの映画館に訪れるのは実は初めてだったりする。LVは終演後に現地へ行けていない自分自身への苛立ちに近い感情がどうしても残ってしまうのが難。後日の幕張LVでアイルが流れた時は現地勢が羨ましい限りだった。大阪公演にはショートコントコーナーが設けられ、鍛高譚と5,000円が妙に記憶に残っている。楽曲では melody in scape が両名の歌唱力もあって強く印象に残り、幕張公演で実際に聴く事ができたのは良かった。
幕張公演は初日に関東入り*6してLV2日目現地参戦。幕張メッセ京葉線で向かうも強風で運転見合わせした為、総武本線幕張本郷駅へ迂回して現地入りも大幅な時間ロス。海浜幕張駅のライブ関連の広告を観るのは断念して会場入り。千秋楽公演は前日のアイルほどのインパクトを感じる一曲というのは無く、アライブファクターでも半歩及ばなかったような印象。そう感じさせる程に演者さんから精神的な余裕みたいなものを感じただけかもしれないが。
幾つか新情報が公開されたが、中でも一番驚いたのはやはり4th武道館の発表であった。問題は総勢37名をどのような日程で割り振ってくるかだが…

*1:往復で1時間半掛かるのでLVでもそれなりの時間的負担感はある。

*2:実際にこうした決済をしたフォロワーが居た為、そう推測。

*3:幕張2日目現地の話を頂いたので最終的に購入せず。

*4:ただ、何もこの曲の最中にスタンドマイクを用意しなくてもとは思った。

*5:2日目は家と仕事双方の用事で不参加。当事仮に現地のチケットがあっても参加は無理だったように思う。

*6:ぷらっとこだまの活用などでコスト調整には努めてはみたが予算超過となった為、物販は完全無視とした。